ATMでキャッシングする時の注意点とは?

atmキャッシングする時の注意点とは?

atmキャッシングする場合、ほとんどのカードでは、ATM利用手数料が取られます。出金の金額にもよりますが、2万円未満ならば105円、2万円以上なら210円、そして返済(支払)をした場合も、105円~210円のATM利用手数料が取られる場合が多いようです。ATM利用手数料は、何度も使うと、1000円以上になることもあります。しかし、キャッシングはすべてのATMで利用手数料を取られるわけではありません。キャッシング会社は、多くの金融機関とATM提携しているので、大手キャッシング会社のカードであれば、ほとんどのATMで利用できます。しかし、提携ATMは原則利用手数料が取られてしまうことになるのです。atmキャッシングは、コンビニに寄ったついでに、返済をする人も多いようです。そのような人は、提携ATM利用手数料無料のキャッシングから借りたほうが良いでしょう。ATM手数料無料であれば、何度入出金しても手数料は0円ですから、メリットは大きいと言えます。

atmキャッシングするなら?

提携ATM手数料無料のキャッシングは、銀行カードローンがあります。銀行カードローンの多くは、提携のコンビニATMも手数料無料で利用が可能となっています。しかし、全ての銀行カードローンが手数料無料というわけではありませんので注意してください。消費者金融の場合、コンビニや銀行ATMを利用する度に取られていたATM手数料は、銀行カードローンなら無料となり、手数料を気にすることなく、いつでも返済・借入ができるのです。
http://www.africanfesta2010.com/