銀行でお金を借りる時に総量規制が影響するケース

銀行カードローンは、総量規制の適用を受けませんので、年収の3分の1以上の融資も可能となります。とは言っても、無条件でそれだけの融資をするわけではありません。銀行カードローンの場合には、金利も低いし利用限度額も大きいものが多いのですが、だからと言って審査が優しいわけではなく、高金利の消費者金融と比べると条件は良いわけですから審査もそれなりの審査が実施されることになります。
銀行カードローンの審査基準は、銀行の独自の審査基準となりますが、基本的には流れは他と同じです。つまり、申込内容の確認、各個人信用情報機関のチェック、勤務先への在籍確認などとなります。当然、消費者金融系の個人信用情報機関もチェックしますので、年収の3分の1まで借りている場合にはここで発覚します。
すでに、ここまでの借入を消費者金融でしている人に対して、年収の3分の1以上の融資をするかといえば、答えはノーです。総量規制が適用されるされないは別として、それ以上の融資をするには非常にリスクが高いと判断されます。これは、総量規制の適用外でありながら銀行カードローンが影響を受けてしまうケースと言えます。
つまり、年収の3分の1までという制限は、実は貸金業者に対する規制というだけではなく、金融機関が個人に融資をする際のある程度の基準になっているというわけです。3分の1以上貸すということは、それだけ貸し倒れリスクが大きくなるということです。